みうら整骨院 柏院


熱中症は危険ですよ。

暑い日が続いていますね。
油断しないで熱中症には
十分に注意してくださいね。

☆出てくる症状

〇大量の汗

〇頭痛

〇吐き気

〇倦怠感

〇痺れ

〇筋肉痛

☆どんな時?

炎天下や暑い室内での長時間労働やスポーツなどで体内に熱がこもる

☆対策

〇涼しい場所へ移動・・・木陰や風通しの良いところ・クーラーのきいた室内・車内に移動しましょう。
衣類をゆるめて横になって休みましょう。
足を10cmほど高くすると良いです。
〇体を冷やす・・・首やわきの下など・太ももの付け根などの静脈部分を冷やす。
保冷材や氷・冷たい飲み物が入ったペットボトルなどを
静脈部分にあてて冷やしましょう。
〇水分補給・・・スポーツドリンクなどで水分と塩分を補いましょう。
汗をかくと、体内の塩分も大量に失われます。
水分を摂るだけでは、血液の中の塩分濃度が下がり、
けいれんを引き起こしたりすることもあります。
塩分が含まれた飴やタブレットなども市販されていますので、
上手に利用しましょう。
ただし、吐き気がある時は水分を摂るとさらに吐くこともあるので、
様子を見て症状が改善しなければ、すぐに医療機関を受診しましょう。

☆コメント
熱中症は危険な症状なんですよ。

少し涼しいところいれば、

収まると考える方もいるようですが、

実際は、命にかかわります。

室内だから大丈夫、と過信することは禁物です。
以外と室内のほうが熱中症になりやすいので
湿度と気温が高い室内は注意が必要ですよ。
ほんとに部屋の中だから安心と思われる方も、
いるようですが、実際は室内で脱水症状に
なるケースもあるようです。