みうら整骨院 柏院


スポーツ障害の場合

<スポーツ障害の症状>

 

■シンスプリント(過労性脛部痛)

脛(すね)の骨膜や周囲の筋肉に炎症が起きた状態をシンスプリント(過労性脛部痛)といいます。ランナーに多くみられ、脛の内側に沿ってうずくような痛みがあり、運動中は痛みが持続し、運動をやめると痛みは収まる傾向にあります。しかし、ひどくなると日常生活でも痛みがでるようになります。

 

■ランナー膝

ランニングやジョギング等で発症するスポーツ障害の総称をランナー膝といいます。大腿部外側を走る腸脛靭帯が炎症を起こすことで膝痛が生じます。主な症状はランニング時における膝外側の痛みです。股関節や膝の屈伸にともない膝の外側の突起部分での摩擦が原因と考えられます。

 

■野球肘、テニス肘

投球による使いすぎが原因の肘関節部の炎症を野球肘といいます。正式名は、上腕骨外側上顆炎です。野球以外ではテニスの素振り動作によるオーバーユースが原因で起こる場合はテニス肘とも呼ばれます。しびれや痛み、関節のロッキングなどがあり、動作に支障をきたすこともあります。成長期の小・中学生に起こりやすい症状です。

 

■オスグッドシュラッター病

膝の前面の「脛骨粗面部(けいこつそめんぶ)」という軟骨の隆起している部分が太ももの筋肉に引っ張られて障害が起きた状態をオスグッドシュラッター病といいます。ジャンプや走り込みなど繰り返しの動作によって膝周辺に衝撃が加わり、脚の脛骨が出てくることで痛みが生じます。10代前半のサッカーやバスケットボールなど激しいスポーツをする選手に多くみられる症状です。

 

■ジャンパー膝

ジャンプ動作の多用が原因で発症するスポーツ障害をジャンパー膝といいます。膝蓋腱炎と大腿四頭筋腱付着部炎という二種類の腱に起こる炎症の総称です。膝蓋腱は脛側、大腿四頭筋腱は太もも側にある腱のことで、膝の曲げ伸ばしの際に働きます。ジャンプ動作時に膝に痛みが起こり、症状が重くなると膝蓋腱・大腿四頭筋腱の断裂を招きます。

 

■タナ障害(タナ症候群)

膝の皿と大腿骨の間にあるヒダ状の膜(通称「タナ」)の炎症をタナ障害またはタナ症候群といいます。膝の屈伸と打撃を伴うスポーツによく見られます。膝の皿の内側に痛みやひっかかりを感じ、膝を動かしたときに何か挟まるような感じがします。ゴキッ、コツッといった音がすることもあります。

 

 

 

<なぜスポーツ障害が起こるのか>

 

スポーツ外傷とは

近年、様々なスポーツがますます盛んになり、そのスポーツにより様々なスポーツ障害やスポーツ外傷が起きています。スポーツ障害とスポーツ外傷は言葉としては似ていますが、はっきり区別されます。スポーツ外傷とは、プレー中に明らかな外力によって組織が損傷した場合をいいます。スポーツでの転倒や衝突などによって突発的に起こる外傷(ケガ)で、捻挫、打撲、骨折、脱臼、肉離れ、脳震盪などが挙げられます。

 

スポーツ障害とは

一方、スポーツ障害とは、スポーツによって過度な負担が積み重なることにより、痛みを主とした慢性的に症状が続くものをいいます。軽いものではプレー中の痛み、プレー後の痛みですみますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。そのため、初期の段階で正しい処置をすることが、最も大切になります。無理をして続けてしまうと長期間スポーツができなくなってしまったり、手術等をしなければならなくなったりして、本来持つパフォーマンスが発揮できなくなってしまいます。

 

スポーツ障害の原因

スポーツ障害には、オーバーユースによるものがあります。すなわち、使い過ぎによるものです。過度に継続的に繰り返されるスポーツ動作によるもので、これによるスポーツ障害が大多数を占めています。野球肘・テニス肘・投球障害肩・シンスプリント・ジャンパー膝などがあります。成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害です。

その他、オーバーロードによるものもあります。繰り返しの頻度は少ないが、ストレスが強くかかる運動で重量挙げなどの選手などに見られます。

 

適切な処置が大切

どんなスポーツでもいえることですが、いかに未然に外傷や障害を防ぐ努力をしていてもスポーツ障害は発生するものです。最も大切なことは、その外傷や障害がおきた際に適切な処置が取れるかどうかになります。

 

 

 

<スポーツ障害を改善させるためには>

 

練習プログラムを立てる

スポーツ障害は使いすぎや体形、体力などが原因になることが多く、自分では気付かないうちに徐々に痛みがでてくるため、本人や周囲も原因がわからず治療も長期化してしまうことがあります。

トレーニング方法やフォーム、施設環境、練習時間などといったものも原因となってくるため、メディカルチェックをしっかり行い、筋力のバランスや柔軟性・成長度・体力など、そのスポーツ種目に対する適性をみてから練習プログラムを立てることが大切です。

 

コンディショニングを行う

スポーツ障害を予防するためには、ウォーミングアップやクールダウン、アイシングといったコンディショニングをしっかり行い、スポーツ特性や自分の体力にあったトレーニング行うことです。また、骨の成長している時期には、無理に同じ練習せず種目やポジションを変えたりして痛みの出ている部位への負担を減らすことも重要です。

 

早期に適切な処置を

ケガに対し早期に適切な処置を行わなかったために、障害へつながってしまうこともあります。病院などに行って医師に対し自分のけがについて話す場合、今の痛みがいつからどのように出たか、時間の経過とともにどのように変化しているのかもしっかり話せるようにしましょう。

また、はっきりとした原因がないのにかなり強い痛みがある場合、痛風などの内科的な病気や骨腫瘍といった場合もあるので必ず病院へ行くようにしましょう。