みうら整骨院 柏院


二次性頭痛について

<頭痛の種類>

 

頭痛の種類

頭痛にはさまざまな症状がありますが、大きく2つに分けられます。1つめは一次性頭痛といい、特に明確な病気があるわけではないにもかかわらず繰り返し起こる頭痛をいいます。2つめは二次性頭痛といい、病気が原因であらわれる頭痛をいいます。頭痛に悩んでいる方は大変多く、身近であるため、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、ひどくなると生活に支障をきたす場合や、命にかかわる病気が潜んでいることもあります。

 

二次性頭痛について

何らかの病気が原因で起きる頭痛のことを二次性頭痛といいます。二日酔いなどアルコールが原因で起こる頭痛も二次性頭痛ですし、クモ膜下出血や脳腫瘍といった命の危険につながるものも二次性頭痛になります。これまで経験したことのないような強い頭痛が突然現れたり、手足の麻痺やしびれ・痙攣、激しい嘔吐、高熱などを伴う場合などは、すぐに病院を受診するようにしましょう。

 

こわい頭痛とこわくない頭痛

頭痛はありふれた病気であり、頭痛のほとんどは命にはかかわらない「こわくない頭痛」といえます。しかし、一部には放っておくと命にかかわる「こわい頭痛」があります。一次性頭痛の場合は、特に病気が原因で起こるわけではない「こわくない頭痛」といえます。代表的なものとして、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などがあります。一方、二次性頭痛は、病気が原因で起こる「こわい頭痛」といえます。代表的なものとして、

■くも膜下出血

■脳動脈解離

■脳血管攣縮

■脳腫瘍

などがあります。「こわくない頭痛」と診断するためには、「こわい頭痛」ではないことの確認が必要です。

 

こわい頭痛とは

片頭痛や群発頭痛の場合は特に、強い頭痛であることが多いですが、頭痛が強くても、それが今まで経験したことのある痛みであれば、こわいものではないといえます。たとえ痛みが長く続いたり、痛み止めが効かない場合でも、いつもの痛みであれば、それは「こわくない頭痛」といえます。一方、いつもと痛みかたが異なる頭痛、日に日に頻度と程度が増していく頭痛などの場合は、「こわい頭痛」の可能性があるため、早急に受診するようにしましょう。

 

 

 

<こわい頭痛の症状>

 

こわい頭痛の可能性がある場合には、専門医のいる病院やクリニックを受診しましょう。

 

■突然頭痛に襲われた

■今まで経験したことがない頭痛である

■日に日に頭痛の頻度と程度が増していく

■50歳を過ぎて初めて頭痛が起こった

■しびれや麻痺などの神経症状を伴った頭痛である

■癌などの病気を持っている

■精神状態の変調を伴う頭痛である

■発熱や嘔吐などを伴う頭痛である

 

 

 

<くも膜下出血の症状>

 

脳などの病気で起こる「こわい頭痛」である二次性頭痛の代表格は、くも膜下出血です。

 

■今まで経験したことがない突然の激しい頭痛が起きる

■激しい頭痛で、意識を失う

■頭痛が目立たないが、ガーンとする衝撃感がいきなり起こる

■頭痛が目立たないが、気が遠くなる感じやめまい感などの異変がいきなり起こる

 

 

 

<なぜくも膜下出血になるのか>

 

くも膜下出血の多くは、脳動脈瘤という血管のコブが破裂することで起こります。脳動脈解離による動脈瘤は、椎骨動脈という脳の後方へ行く血管にできることが非常に多く、急性に後頭部の比較的強い痛みを生じます。頭痛の症状からは片頭痛や後頭神経痛などと区別することは困難で、MRI検査で明らかになることがあります。大抵は何事もなく数ヶ月で回復しますが、まれにくも膜下出血や脳梗塞を起こします。

 

 

 

<くも膜下出血を改善させるためには>

 

■脳外科のある病院に救急受診する

くも膜下出血は、再出血が起こるとより重症となってしまうため、緊急の入院と早急な治療が必要です。ただし、軽度のくも膜下出血はCTでも診断がつかないことがあり、その場合はMRIや腰椎穿刺の検査が必要となります。当初は風邪と考えられたものが実はくも膜下出血であったと言うこともありうるため、突然の頭痛を自覚したときは、脳外科のある病院に救急受診することをおすすめします。

 

 

 

<その他の症状>

 

脳腫瘍の症状

脳腫瘍による頭痛は、突然に起こることはあまりなく、数ヶ月から数週間かけて徐々に強くなっていくことがあります。頭痛に手足のしびれや麻痺、眼の見えにくさ、けいれんなどの神経症状を伴うときは、CTあるいはMRI検査がおこなわれます。脳腫瘍がすべて悪性のものということはありません。適切な治療を受ければ元の生活に戻れることも多いので、気になる症状があれば早めに受診することが重要です。

 

■数ヶ月から数週間かけて徐々に頭痛が強くなっていく

■しびれや麻痺などの神経症状を伴う

 

 

その他の二次性頭痛

その他の二次性の頭痛としては、髄膜炎、高血圧、低酸素血症、頭蓋骨・頸・眼・耳・鼻・副鼻腔・歯・口の病気によるものなどがあります。