みうら整骨院 柏院


交通事故に遭ってしまった時、どうしよう??

〇ああ、後ろからいきなり追突された

まずは、事故があったことを証明するために110番をして警察に届けましょう。
弁償するから、責任をとるからといっても、あとから知らないなんのこと?
というようなことにならない、保障はありあせんよ。
警察に通報して事故があったことの事実を明らかにすることが、大事です。
携帯、スマホでばっちり写真を撮る。できれば、
ぶつけられたそのままの状況を証拠として記録することです。
近くに人がいたり、車があったらいざという時に証人なっていただけるように、
連絡先を教えていただくか、車ならせめて、ナンバーを記録しておくことも必要です。
相手方の連絡先、住所、電話番号、運転免許証、車検証、保険証の確認は必ず行ってください。
警察と同時に、保険会社への一報を忘れずに行ってください。
24時間年中無休で対応してくれますし、適正な対応方法を丁寧に教えてくれますよ。
また、後日、保険会社への請求には、自動車安全運転センターで、
「交通事故証明書」の提出が必要ですよ。

〇人身事故扱い

交通事故といっても、車をこすっただけで、ケガがない場合を物損事故といいます。
駐車場に車を止めていて、車から離れていた時に、接触事故を起こして、
車をこすられてしまったり、狭い道で、車をすれ違いざまにミラーを接触させてしまったような事故ですね。
物は壊れても、幸いにして、けが人にいないケースです。
ぶつかった衝撃で、身体にケガをした場合が、人身事故のなります。
車が大破するような事故で、救急車で病院に行くようなケースは、
人身事故扱いになりますが、「まあ、大丈夫かな?」
「痛みはあったけど、たいしたことはなさそうだし。」こんな時が要注意なんです。
その時は、大丈夫だと思って物損事故扱いにしても、
あとから痛みが出で黒いケースがたくさんあります。
興奮状態だと人は、アドレナリンなど脳内物質がでて、痛みをあまり感じない時があるものです。
念のために、病院に行って検査を受けるか、後日、痛みがでたら、
病院で診てもらう旨を必ず、相手方に話しておくことです。

〇必ず病院に行って医師の診断を受ける!

病院での検査、診断、治療、整骨院での施術を受けるのは、
医師の診断が絶対条件になります。
診察して病名等の診断権を持っているのは、医師だけです。
治療や診断を受けるためには、必ず、病院で医師の診断をうけてくださいね。
これは絶対です。整骨院に通っていればいいとお考えの方もいらっしゃいますが、
整骨院は医師の診断に基づいて、施術を行うことが仕事です。
定期的に病院で医師の検査や診断を受けて、
お仕事帰りなど、病院では対応できない時間に施術を受けるために
整骨院にお通いくださいね。整骨院が後で、病院が先とは決まっていませんので、
整骨院では今後のご相談をお気軽にお受けしています。
実際に整骨院での施術の開始は、保険会社へ、
「みうら整骨院」へ通院したいといっていただき、了承を得てくださいね。