みうら整骨院 柏院


四十肩・五十肩について

<四十肩・五十肩の症状>

 

四十肩・五十肩の症状

40~60代に多いとされる四十肩・五十肩は、腕が上がらないまたは上がり難くなるなど日常生活にも支障をきたす辛い症状が一般的です。初期老化の症状と考えられ、半年から1年程で自然に治ると言われますが、放置してしまうと肩が動かなくなるなど後遺症が残ることもあります。

 

四十肩・五十肩の病期

四十肩・五十肩が発症してからおよそ2週間から1カ月を「急性期」といいます。その後、半年から1年は肩の可動域が狭まる「慢性期」といいます。最後に、回復に向かう「回復期」と3つの病期があります。

 

急性期

四十肩・五十肩の典型的な発症パターンは、ある日突然、腕を動かしたときに肩に鋭い痛みが発生するパターンです。その後、肩を動かすときに、痛みが二の腕や手先に伝わるようになります。しびれをともなうこともあり、眠れないほどの痛みが生じることもあります。これは肩関節の炎症によるもので、急激な痛みは、数日間ほどで治まります。安静が第一の最も大切な時期といえます。

 

慢性期

急性期の痛みが治まるとともに、鋭い痛みから鈍い痛みへと変化していくと同時に、肩を動かせる範囲がだんだん狭くなっていきます。これは急性期に起きた炎症の影響で、筋肉が委縮して固くなっていることが原因です。とくに肩を上げたり、後ろに回したりする動きが困難になります。痛みのために、肩の筋肉を動かさないでいると、組織の癒着が起こり、さらに動かなくなってしまい、完治するのに時間がかかってしまいます。痛みを感じない程度の適度なストレッチが有効といえます。しかし、痛みが減ったからと言って無理をすると、痛みがぶり返すことがあるため注意が必要です。

 

回復期

症状が改善し、少しずつ腕が動かせるようになってくる時期で、痛みはほとんどなくなります。しかし、人によってはこの時期になっても肩の動きがよくないという場合もあります。適度なストレッチをするなどして、少しずつ肩を動かしていくようにしましょう。

 

四十肩・五十肩あるいは、四十肩・五十肩の予備軍の可能性がある場合には、以下のような症状があらわれます。

■急に肩に激痛があり腕が上がりにくくなった

 

■両腕を前から真上に上げるときに痛みを感じる

 

■手のひらを上に向け、両腕を真横から真上に上げるときに痛みを感じる

 

■両腕をズボンの後ろポケットに手を入れるときに痛みを感じる

 

■両腕を頭の後ろで組むときに痛みを感じる

 

 

 

<なぜ四十肩・五十肩になるのか>

 

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩とは、肩関節周辺の組織に変性が起こって生じた炎症により痛みが起こる肩関節周囲炎のことをいいます。40代以降に発症することが多く、一般的に四十肩・五十肩と呼ばれます。肩こりと四十肩・五十肩は混同されやすいですが、肩こりは、筋肉の疲労からくるものであり、四十肩・五十肩とは全く違うものです。突然痛みが発生する急性期と、肩の動きが制限される慢性期があります。半年から1年半ほどで自然に痛みが軽くなり、肩が動かせるようになります。

 

四十肩・五十肩の原因

実は、四十肩・五十肩の原因は完全に明らかにはなっていません。しかし、加齢により血液循環が悪化したり、筋肉、腱などの性質の変化が起こったりすることで、肩の周辺組織が炎症を起こして腫れや痛みが生じる疾患と考えられます。

 

 

 

<四十肩・五十肩を改善させるためには>

 

急性期は安静に

急性期には、三角巾やアームスリングを使うなどして、できるだけ肩を動かさないようにしましょう。安静にすることが最も大切です。患部が熱を持っている場合は、氷水などで冷やして炎症を抑えましょう。痛みがひどい場合は、鎮痛消炎成分インドメタシンなどが配合された外用薬や飲み薬もおすすめです。

 

慢性期は体を温める

慢性期には、入浴して肩を温めたり、ホットタオルを肩に乗せて温め、出来るだけ肩や体を冷やさないように注意しましょう。血流をよくするストレッチなど、無理のない範囲での運動を続けるようにしましょう。しかし、痛みがひどいときにストレッチをすると炎症を悪化させる可能性があり危険ですので控えるようにしましょう。

 

回復期はリハビリを

回復期には、痛みがほとんどなくなります。リハビリには最適な時期といえます。ここで可動域を広げる運動を怠ると、四十肩・五十肩が治ったあとも肩関節の動かせる範囲がだんだん狭くなってしまうこともあるため、ラジオ体操や簡単なストレッチなど、慢性期以上に肩を動かすことを意識して、しっかりリハビリを行うようにしましょう。

 

楽な姿勢で寝る

寝るときの姿勢を工夫し、最も楽に寝られる姿勢を取るようにしましょう。枕は首の骨が自然なカーブを保てる高さにしましょう。また、寝ている間に肩が冷えると痛みが起こることがあるため、布団から肩が出ないように、サポーターを使用したり、バスタオルや毛布を掛けるなど工夫をしましょう。

 

服選びに気を付ける

服選びや、着替える際に注意をしましょう。まず、そでや腕回りがゆったりとした衣類を選びましょう。急性期では特にかぶるシャツや後ろにファスナーがある衣類は避けて、体の前面で開くものを選ぶようにしましょう。着るときは痛いほうの腕から先に袖を通し、脱ぐときは逆に、痛くない腕から脱ぐと良いでしょう。

 

貼り薬を使う

痛みが強い場合は、市販の鎮痛消炎成分インドメタシンなどが配合された貼り薬を使うのもおすすめです。貼り薬は冷感タイプと温感タイプがありますが、とくにこだわらず、自分が気持ち良いと思う方を選びましょう。痛みが強い場合は、飲み薬の消炎鎮痛剤を使用するのも良いでしょう。また、ビタミンB1、B6、B12が配合されたビタミン剤は、体の中からこりを緩和する効果があります。

 

受診する

四十肩・五十肩だと思っていたら、肩の筋肉と骨をつないでいる腱板が部分的、あるいは完全に断裂する腱板断裂という場合もあります。腱板断裂は、四十肩・五十肩とは違い、自然に治りにくく、放置していると痛みがひどくなります。原因を見極めるためにも受診するようにしましょう。

 

 

 

<四十肩・五十肩を予防するために>

 

同じ姿勢を長時間続けない

筋肉が固くなるような筋肉の変化も炎症の原因になりえます。デスクワークや家事などで同じ姿勢を続けると筋肉が固まって動かしづらくなりますので、定期的に小休憩を入れて体を動かすようにしましょう。

 

正しい姿勢を保つ

姿勢の崩れは炎症の原因になりえます。ハイヒールや肩掛けバックなど日常繰り返す動作で姿勢が悪くなったり、体の一部に負荷がかかったりし過ぎないように気をつけましょう。

 

ストレッチを心掛ける

使わない筋肉は固くなり、動きも悪くなります。毎日、肩の適度なストレッチをすることで筋肉がほぐれ、血行も良くなります。

 

栄養バランスの良い食事と質の良い睡眠を取る

動物性の食品や甘い物、お酒を摂りすぎると四十肩・五十肩を起こしやすいと言われています。また、四十肩・五十肩の原因として、ホルモンバランスの変化やストレスといった間接的な原因が重なることで発症しやすくなるとも言われています。質の良い睡眠を心がけましょう。

 

肩を冷やさない

身体を冷やすことは血液の循環を悪くし、炎症の原因にもなりえます。夏も意外とクーラーなどで体が冷えるため、夏場も薄着は避け、クーラーには直接当たらないようにしましょう。