みうら整骨院 柏院


肩こりについて

<肩こりの症状>

 

肩こりとは

肩周辺(首から肩、背中、肩甲間部など)の筋肉が凝っている症状が肩こりです。たかが肩こりと思う方もいるかもしれませんがと、肩こりはさまざまなつらい症状の原因のひとつとなりえます。自律神経の調子が悪くなることで、以下のような症状が起こってきます。

 

■頭痛がする

 

■めまいがする

 

■目が疲れる

 

■倦怠感がある

 

■腕のだるさや手のしびれがある

 

■吐き気がする

 

 

 

<なぜ肩こりが起こるのか>

 

肩こりの原因は把握できない

肩周辺には、表層筋である「僧帽筋」「三角筋」「棘下筋」や深層筋である「肩甲拳筋」など大小さまざまな筋肉があります。肩周辺の筋肉は数も多く複雑なため、肩こりと一口に言っても、具体的にどの筋肉が凝っているのかを把握でき人は、ほとんどいません。また、何が原因で凝っているのかということは単純にはいうことができません。

 

対処療法ではまた凝る

肩こりという症状は、肩自体に問題があるわけではなく、結果でしかないからです。確かにマッサージや、運動すると楽になったり、ほぐれたりします。しかし、それは対処療法であり、結果をごまかし、肩こりの原因については放置しているということになります。凝った症状だけをいくら緩和しても、また凝ります。

 

 

■日本の風習や古くからの生活スタイル

日本でよい姿勢と言えば、背筋をピンと張った、まっすぐの姿勢であり、歩き方についても同様です。着物が美しく見える姿勢ということになります。反対に西洋でよい姿勢と言えば、胸を張った姿勢になります。背筋を一直線に伸ばすのは、首や手足が長く見えて、美しいと感じるかもしれませんが、その美しさと引き換えに、本来備わっている背骨のS字カーブを消失させてしまっており、とても疲労しやすい姿勢になります。

 

 

■姿勢

人は重い頭を支えながら二本足で歩いていますが、その姿勢を支えているのが背骨であり、背骨が緩やかなカーブを描くことで、頭の重みなどが分散されます。首や肩に最も負担のない姿勢は、背骨がきれいなS字を描くような姿勢です。また背骨がきれいなS字を描くような姿勢は見た目も美しく、背骨のS字カーブが保たれた姿勢を取り戻せば、肩こりや腰痛の改善だけでなく、美しい姿勢を手に入れることができます。

片脚に体重をかけて長時間立ったり、座っている時に脚を組んだり、長時間スマホやパソコンの画面をのぞき込むように見るなどの不良姿勢をとり続けると、S字カーブは崩れてしまいます。

 

 

■筋肉量

肩こりにおいて筋肉量は関係するでしょうか。筋肉量の違いが関係するのであれば、ボディービルダーやアメフトの選手は肩こりがないこととなります。実際には、そのようなことはありません。筋肉隆々でも肩こりの方は多数います。すなわち、肩こりの有無は単純に筋肉量の差ではないことを意味します。つまり、筋力が足りないからといってやみくもに筋トレを行い、筋力をつけても体は良い方向に向うとは限らず、返ってマイナスとなることさえあります。

そのため、肩こりを治すためには単なる筋トレではなく、機能を改善するトレーニングと同時に筋肉を強くするトレーニングが必要です。欠点に対してそれを補う処置が必要となるわけです。肩こりにおいて筋肉量は問題になりませんが筋肉を補うトレーニングは肩こりの軽減につながるでしょう。

 

 

■性別

男性と女性では、どちらが肩こりになりやすいでしょうか。男性のほうが筋力があるため、重力に抗して体を支えるという点では有利でしょう。ただ、男女では体格自体に差があり、支えるべき重量も男女差があります。一般論として男女の筋肉量の差は肩こりに関係しているとは言い切れないでしょう。

男女で最も差があるのは、月経の有無です。月経の有無というのは、すなわち、女性は男性よりもホルモンバランスが変化しやすいということです。ホルモンは自律神経と密接な関係があるため、ホルモンバランスが乱れると、自律神経も乱れやすくなります。

男女の差は単純に筋肉量だけではなく、体の機能の変化が女性の方が生じやすいために、それに伴い肩こりが生じやすいものと考えられます。

 

 

肩こりは簡単には治らない

肩こりには生活や社会、文化も少なからず関係しており、肩こりの原因は、非常に複雑です。原因が複雑であればあるほど、治療することは難しく、簡単に治るものではないといえます。

 

 

 

<肩こりを改善させるためには>

 

■正しいS字カーブを描く

背骨を横から見たときに、首の部分で前方へ湾曲し、背中で後ろに湾曲し、腰でまた前方に湾曲する、緩やかなS字カーブを描いている状態が正しいS字カーブといえます。ただし、骨の形には個人差があるため、一般的な良い姿勢が全ての人に当てはまるとはいえません。その人にとって快適で疲れにくく、肩や腰の痛みが起こりづらい姿勢が、良い姿勢といえます。背骨が美しいS字カーブを描くためには、以下のことに注意してみましょう。

 

・うつむき加減の姿勢は、首や背中に負担がかかります。デスクワークの際には、パソコンや書類の高さを調節し、目線は前方へ向けよう。

 

・あごが上がっていると、頭が前に出て猫背につながるため、あごは軽く引こう。

 

・軽く胸を張ろう。ただし、張りすぎないように注意しよう。

 

・お腹やおしりにだけ力を入れて、基本的には全身に力を入れ過ぎないようにしよう。

 

・意識的に肩甲骨を動かす

 

 

■セルフマッサージ

①鎖骨マッサージ

鎖骨の下にあるくぼみを押さえて、肩を上下させたりくるくると回したりすることで、胸部一帯にある筋膜がほぐれて肩がすっきりする。

 

②肩マッサージ

腕の力を抜いて、肩のほぼ中央、筋肉が盛り上がったところのツボを反対側の手指で押さえ、ゆっくり深呼吸を行う。息を吐くときに肩井を押す。再度、ゆっくり深呼吸を行い、ツボを押しながら息を吐き、腕をゆっくりと前に上げていき、真上まで上げて後ろへぐるっと回す。ツボの周囲を軽く6回ほど揉んで筋肉を柔らかくする。

 

③首まわりマッサージ

首を横にひねった時に、ひねった方向の反対側の首すじの鎖骨から耳の下に出る筋肉の下のほうを反対側の親指と人差し指で軽くつまむ。深呼吸したら、息を吐くときにつまんでいる部分を引き上げる。少し上に移動し、筋の真ん中あたりをつまみ、同じように深呼吸をして、息を吐くときにつまんでいる部分を引き伸ばす。次に、さらに上、エラのあたりも同様にマッサージする。最後に筋の下から順に軽くつまんで離す、という動作をくりかえしながら上へ移動し、エラの後ろまで続ける。

 

 

■温熱療法

血行をよくするには、温めることも有効です。温湿布を使用したり、整形外科や整骨院で治療器を使用して音波などを使って患部を温めましょう。

 

 

■筋弛緩剤

肩こりが出ているときは、肩周辺の筋肉が緊張し、血流も悪くなっています。この筋肉の緊張をほぐすために使われるのが筋弛緩剤です。筋弛緩剤は、手術の際にお腹の筋肉を完全にゆるめて手術をやりやすくする目的でも使われている薬です。肩こりの場合はこのような完全な筋弛緩は必要でなく、効果が緩やかなものが使われます。

 

 

■病院で治療する

肩こりには、ほかの病気に関連して発症するケースもあるため、つらい肩こり、頭痛、手や腕の痛みやしびれ、口が開きにくいなどの場合は、病院での検査を受けたほうがよいでしょう。病院にかかる場合、整形外科や神経内科、脳神経外科などで肩こりやそれにともなう症状を詳しく検査することが可能です。