みうら整骨院 柏院


足底筋膜炎の場合

<足底筋膜炎の症状>

 

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織や足底筋膜に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気のことをいいます。多くの場合、かかとの骨の前あたりに痛みが起こります。主に40~50歳代以上で発症しますが、若い世代でもスポーツ選手などに多い病気です。

 

足底筋膜とは

足の甲の骨は、アーチ状になって体重を支えています。アーチを弓の弦のようにピンと張って支えているのが、足底筋膜です。丈夫な足底筋膜も、歩行やランニング、ジャンプで使いすぎたり、四十歳代以降になると、古いゴム管のようにひびが入ったりして、炎症を起こすことがあります。

 

痛みが出る理由

痛みが出るきっかけはいろいろありますが、多くは急に足に負担をかけたことがきっかけに起こります。急な運動をしたから痛いだけだと甘く考えて放っておくと、思いがけず悪化してしまい、昼夜を問わず痛みが続くようにもなりかねません。最初は片方だけだった痛みが、痛みのある足をかばって歩くことで、もう一方の足にも負担がかかり、両足とも足底筋膜炎になることもあります。

 

■慢性的にかかとや足の裏の痛みを感じる

■久しぶりに運動をしたら、かかとや足の裏の痛みが出た

■へん平足である

■長距離走などのスポーツをしている

■長時間の立ち仕事をしている

 

 

 

<なぜ足底筋膜炎になるのか>

 

アーチ構造の崩れ

外反母趾と同じように、足のアーチ構造の崩れが足底筋膜炎を引き起こす主な原因になります。足のアーチ構造は足底筋膜を含めた複数の支持組織で支えられていますが、この構造が整っていれば、筋肉や支持組織に過度の緊張や負担がかかることはありません。しかし、足首や足の指の筋肉が硬くなってしまうと、このアーチ機能が失われてしまい、アーチで衝撃が吸収できなくなります。そのため、足の裏の筋肉に直接負担がかかるようになり結果的に足裏の痛みに繋がります。中でも足底筋膜は、5本の指と1点でつながり引っ張り合うかかと部分に負担が集中しやすく、炎症が起きやすいのです。このように、足底筋膜炎は、足の裏だけではなく、すねやふくらはぎ、足首、足の指の間など、足の裏以外の場所も関係して痛みを起こしている可能性があります。

 

足首の硬さ

アーチ構造の崩れ以外の原因としては、足首の硬さが考えられます。足首が硬いと、足首が前に曲げられず、歩行時のスムーズな踏み返しができません。そのような人は指の付け根の関節を大きく曲げることで歩こうとするため、踏み返しにかかる時間が長くなります。当然、足底筋膜にかかる負担も大きくなるわけです。1回の踏み返しはわずか数秒程度の動作ですが、それが積み重なることで足底筋膜への負担が増し、炎症が起きるのです。

 

疲労の蓄積

また、普段の生活の中で立ったり、歩いたり、走ったりなど色々な要因の中で疲労が足裏の筋肉に蓄積していくと、動きが悪くなり、その状態で動き続けると足裏の筋肉がだんだん硬くなっていきます。足裏の硬くなった筋肉が骨に付着している部分を引っ張ることで起きる痛みが足底筋膜炎の原因ともいわれています。

 

 

 

<足底筋膜炎を改善させるためには>

 

同じ症状でも、痛みの原因はさまざま

足底筋膜炎の痛みから解放するために、最初は、患部に湿布薬を貼ったり、ステロイドの注射を打ったりする治療を行います。しかし、根治するには、患者の足の形や歩き方を診察し、足底筋膜炎の原因となっている足のトラブルを見極め、診療を進めていかなくてはなりません。足底筋膜炎は同じ症状でも、痛みを生じさせる原因はさまざまで、その原因を解消しないと、根治することはできないからです。

 

足底筋膜炎の治療方法

治療方法としては、アーチ構造の崩れが原因である場合は、インソールを使ってアーチを整えます。足首が硬くなっていることが原因なら、アキレス腱のストレッチをします。足裏を伸ばすストレッチをしながら、刺激を避けて自然治癒を待つのが基本であり、スポーツが原因であれば練習量を減らします。アキレス腱と足裏のストレッチを続けるだけで症状が改善する人もいます。

 

本当に治したいのなら

足底筋膜炎は外反母趾と同様に、痛みを取る治療だけでは意味がありません。本当に治したいのならば、少々時間がかかっても、足の構造上、どこに問題があるかを見極め、最も効果がある方法を探すことが重要です。足底筋膜炎とひとくくりに言っても、その方が立ち仕事をしているのか、スポーツをされている方なのかなど、その人の生活や体の使い方によっても負担のかかる場所は人それぞれ違います。

 

正しい認識をもち治療に専念を

病院や整形外科では、症状に対してどのように治療をしていくのかが決まっているため、それで良くなれば問題ありませんが、良くならない場合には、整骨院で手技療法によって、筋肉を緩めたり、可動域を広めたりしてもらうことをおすすめします。どう付き合っていくかではなく、どうすれば良くなるかをしっかりと考えてくださる信頼のできる先生との出会いが大きいと思います。自分自身がこの症状そのものが治るものだという認識をしっかりと頭に入れて治療に専念することをおすすめします。